2020年01月06日

賀正2020

あけましておめでとうございます。
正月は恒例のダメ人間を満喫したカミノです(笑。

nenga2020.gif

相変わらず年末は休みが少ないので1日で全て完了するのはムリ。
よって大掃除は手抜きで、できなかったことも年始に回したので
3日には猟銃の手入れしたりオイル交換したりしてました(笑。
ただ今年は車庫があるので趣味車は洗車しなくてもいいのは楽ですね。
実は昨年末に増車してしまいましたのでそのうちまた書きます。
昨年コメントしていただいた皆様
遅くなりましたがありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
posted by カミノ at 11:23| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

マーヴェリック

どうも、ETCカードの期限切れでインターのバーに突っ込んだカミノです。
シエンタには悪いけどエスプリやスタリオンじゃなくてよかった(笑。

今回は久しぶりにミリヲタな話でも。
いよいよ今週スカイウォーカーの夜明けが公開になりますが
来年公開予定のトップガン・マーヴェリック、こちらも楽しみです。
さてトップガンといえばトム・クルーズを一躍スターダムにのし上げた作品ですが、
アメリカ海軍が全面的に協力と、愛と青春の旅だちとは大違いの待遇のおかげで
大迫力の空中戦(ほぼ訓練ですが)シーンが満載で、戦闘機マニアも大喜びの作品でした。
当然私も劇場に足を運び、大興奮でスクリーンを眺めていたのを憶えていますし、
バイトの給料一か月分でフライトジャケットのG-1購入という清水ダイブも経験した(笑。
そんな当時最高だった映画ですが、実は最初から最後まで楽しめたわけではなかったです。
ラブシーンが余計だなんて無粋なことは申しません。
序盤からほぼ終盤までずっと頭の片隅で引っかかってたことがあったのです。
その原因は紛れもなくF-5。
序盤でマーヴェリック達が遭遇する戦闘機の機種のことです。
そのF-5にロックオンされた僚機のパイロットがパニクって危うく死にそうになりますが、
早くもこの時点で疑問符が生じます。(何故そこまで動揺したの?)
ビビったパイロットが辞任したおかげでマーヴェリック達はトップガンに入校します。
空中戦の技能を磨くための訓練所ですね。ここでの出来事がこの映画の大半を占めます。
そこで出会う美人教官の台詞でまたも疑問符。「ミグに遭遇したのはアナタだったの?」
(ミグ?ミグなんて出てなかったよな?)
ミグというのはソ連/ロシア製の軍用機の名前です。
疑問が解決されないまま物語は進みますが、面白いので次第に気にならなくなります。
そのあとは色恋だとか、ライバルとの火花バチバチな展開とか、
ナビゲーターの死とその後の落ち込みと訓練修了を経ていよいよクライマックス。
空母に異動したパイロット達は出撃し、またもF-5と遭遇します。
しかもどうやら件のミグはF-5のことだと判明して更に混乱。
そしてそのF-5が何とミサイルを発射してF-14を撃墜!
最初は驚きましたが、同時にようやくこれまでの疑問が明らかになりました。
(あのF-5、敵国の戦闘機でミグの代役ってことだったのか)
そうなんです、私はずっとこの戦闘機が米軍の仮想敵役だと勘違いしていたのでした。
これは軍用機マニアの方ならわかっていただけるんじゃないでしょうか。
F-5という戦闘機は米国製ではありますが、同盟国に輸出する機種なので
一部の部隊を除いて米軍に配備されていない機体です。
その一部が仮想敵部隊、通称アグレッサー(米海軍ではアドバーサリー)。
劇中で教官たちがA-4で相手をしたように、模擬戦闘で敵機を務める部隊です。
視認性のため派手なマーキングや、仮想敵国の機体のようなカラーにすることが多く
敵の戦術や格闘戦の技能向上を日夜研究しているため、実はトップクラスの集団。
ということで、私がどう鑑賞していたかを説明しますと
・序盤、洋上で敵機と一触即発 → 公海での訓練で何故そこまでシリアスなの?
・女教官のミグ発言 → いやいやミグなんて出てないし
・ラストの戦闘 → おいおい訓練でミサイル撃つのかよ、えっ撃墜?
          ・・・あぁそういうこと!
おかげで何とか最後はスッキリと観終えることができました(笑。
CG全盛の今ではこういうややこしいことも減ったので、
米軍が全面協力の弊害と言えなくもないですが、
やはり空中戦は実際の機体を飛ばして撮影が最高ですね。
でも続編では敵機に米軍機は頼むからやめて。
使うならせめてミグとか呼ばないで。戦闘機マニアが混乱するから(笑。
posted by カミノ at 17:58| Comment(14) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

晴ところによりレイニー

どうも、もしかしたら車を買い替えるかもしれないカミノです。

というワケで、鈴鹿サーキットでは恒例となったサウンド・オブ・エンジン。
初回はケニー、ローソン、シュワンツが走るという神イベントだったので
二日とも行くことになりましたが、それからは全く参加せず。
ところが今年は何とレイニーが来るというので、
これは行かねばと人が少なそうな土曜にトリッカーで参上。

SOE19_1.jpg
早速ティエリー・ブーツェン、ピエルルイジ・マルティニ トークショー

SOE19_2.gif
続いて河崎裕之、水谷勝、八代俊二 トークショー

すぐにパドックに移動して出待ちw
何しろ前回はローソンに会えたし、シュワンツはずっとファンサービスしてたし、
ケニーにいたってはフツーに歩いてたし(笑。
しばらくすると建物2階に見覚えのあるアメリカ人が。
慌てて階段を上るとケニー、レイニー、ローソンのトークショー(有料オプション)でした。
そのまま終わるまで廊下にいると何と車椅子のレイニーが出てきた!
あまりのことに呆然としてしまったためそのまま通り過ぎてしまい、
後から来たローソンにサインをもらうのが精いっぱい。
これが今回最も悔やまれた瞬間になることを後で思い知らされる。

SOE19_3.gif
午後にGPスクエアに移動して
ケニー・ロバーツ、エディー・ローソン、ウェイン・レイニー トークショー
前回のようにサイン会はなく、終了するとすぐに車で移動。
すぐにパドックに移動したところで間に合うはずもなく、再び出待ちw
しかし建物からそのままコースに移動したようで、レイニーの走行イベントが始まる。

SOE19_4.gif
急いでスタンドに移動。
レイニーは一体どうやって走行するのか謎でしたが
シャッターを閉じたパドックに入った後、どうやら助けられて乗ったらしく
シャッターが開くと何とマシンに跨った状態で登場!

SOE19_6.gif
これはもう感動せずにはいられないでしょう。
二度と拝めることはないと思っていたレイニーの勇姿に鈴鹿でお目にかかれるとは!
しかし感動に浸る間もなくまたもパドックに移動。

SOE19_7.gif
一緒に走ったローソンやケニーに称えられる姿は残念ながら大型ビジョンで眺めてました。
そしてまたも出待ちですw
しかし結局現れることもなく、またもコースから直接建物に移動する途中で
見つけたファン(ワタシ含め)がエレベーターに押し寄せ、ついにサイン攻め。

SOE19_9.gif
ようやくサインをいただき、去り際に
「今日は晴れだけどレイニー・デイでしたね!」と声をかけたものの
聞こえたのかどうかもよくわかりませんでした。無念w
それにしてもあのときサインもらえば出待ちなんかしないでもっとイベント楽しめたのに。
今回は3人ともサインどころか握手すら厳しい状況でしたね(日曜は知らないけど。
マルティニなんかは普通に歩いてておっさんホイホイになってたというのに(笑。

SOE19_8.gif
一応最後にタイレルも見ておきました。
当然帰り際にレーシングミクのグッズをチェックするのもお約束(笑。
posted by カミノ at 19:06| Comment(2) | イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

真夜中の試乗会

どうも、鈴鹿で年内のイベントを消化したので、あとは家の修繕に専念したいカミノです。
あ、でも連休になったらキャンプ行きたいなぁ。本格的に寒くなる前に。

というワケで、時は遡って9月のうだ会。

sijou.jpg
駐車場でお開きのはずが何故か試乗会をすることに。
え〜明日は朝から予約したヴァイオレット・エヴァーガーデン観に行くんだけどなぁ・・・
と思いながらも、後について高速道路に。
試乗会とは途中のSA/PAで車を乗り換えつつ高速道路で他人の車を試乗することらしい。
とりあえずスタリオンで来てよかった。
エスプリとかシエンタとかだったら色々と問題ありそう(笑。
とはいえ、高速クルーズに付き合えるのかは心配な面子ではあります。
何しろ参加車両がジュリアとかM3ですよトホホ。
何とか最初のパーキングに辿り着き、まずはジュリア。
いや〜スタビリティ高いわ。
これなら鼻歌交じりで高速巡行できますな。楽チン。
ただ、車線に近寄るといちいち警告が鳴るのが鬱陶しかったです(笑。
さてお次はイスラム国。もといISIS。
はエエか。シエンタみたいなもんやし(笑。
パーキングを一つ見逃したので、ここで解散となるのですが
M3のMさんとは幸運にも帰りが同じ方向なので、高速を降りるまで交換。
ただし低速の車がやたら多い区間だったのは残念。
話によるととんでもない加速だったらしい。
それでもM3のポテンシャルは溢れ出てきます。
スタビリティは高いのに、ジュリアとは異なり緊張感を伴う感じ。
レース用の車両を日常使いに落とし込むと多分こうなるんだろうな。
そうして真夜中の試乗会は幕を閉じ、ようやく我がスタリオンで家路につきましたが
さすがにM3のあとでは走りが少々残念なのは仕方ないか。
ただ、走行中の自分の愛車を眺めながら走るのはとても新鮮で面白い体験でもありました。
あと壊れなくてよかった〜というのも正直な感想(笑。
posted by カミノ at 21:23| Comment(0) | スタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

ガレージ初メンテ(後編

どうも、急遽友人が遊びに来ることになって、嬉しいやら慌ただしいやらのカミノです。

というワケで、何とかミッションケースの蓋は開いたのですが、
新兵器のおかげとはいえ、アルミのケースにスチールのセパレーターで叩いたので
ケースが若干削れてしまいました(涙。

esprit_mc4.jpg
蓋を開けるとこのようになってます。
左のほうをいじるってみると、何がズレたのか理解できたので
こりゃ楽勝か?と直して蓋閉めてシフトレバーを動かしてもやはり正しく入らない。
また蓋開けてよくわからないけど動かしてみて蓋閉めてシフト。
繰り返すこと十数回。
そのうちに1〜4速は何故だか入るようになったので
これ以上ヘタに弄るよりも主治医に預けたほうが賢明だと判断。
ガスケットは塗らずに蓋だけちゃんと閉めて始動・・・
ん?セル回らん。何で?ワカラン〜。
試しに2速に入れてみるとエンジンかかった。何でやw
発進すると今度は1、2速しか入らない。
ノロノロ運転で迷惑かけながらしばらく走ってると
そのうち3、4速も入るようになって胸を撫でおろす。何でや(2度目ww
これはもしかして?と思ったけど途中でやらかすと困るので
到着してから試すとやはり5、Rも入るようになってる。何でや(3度目www
主治医に「ようわからんけど治りましたわ」と伝えて預けました。
とにかく持っていくことができずに気が重かったので、この後やたら機嫌よかったです(笑。
posted by カミノ at 21:54| Comment(2) | エスプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする