2018年11月07日

代車が新しいとイロイロ緊張する

どうも、イワユル人生最大の買い物とやらをすることにしたカミノです。

という訳で、ロックがいなくなったため必然的にスタリオンが足車となったのですが
そうなると不具合箇所を放置するわけにはいかないので、思い切ってディーラーに。

mitsubishi.jpg

国産車のディーラーって何十年ぶりだろう。
ディーラーといえば欧州車や米国車を扱ってるところばかりだったから
ナンと言うか対応が丁寧で逆に気を遣う(笑。
買い替えじゃなくメンテの依頼でも快く応じてくれてほっとした。
とりあえず12ヶ月点検に気になる箇所を追加してお願いすることに。
ちなみにその日の朝に車が突っ込んできたらしく、ショールームがエライことに(笑。

そして点検の日。
朝預けたら夕方に電話かかってきて、完了したと。
いやいやいや、気になる箇所ってアイドリング不調と燃料計不動ですよ?
クリーニングじゃあるまいし、いくらなんでもそんなハズないやろと。
イヤな予感しかしないまま整備担当の話を聞いたら不安的中。
アイドリング不調はISCサーボが原因らしいですが欠品。
燃料計の部品も欠品。
タイロッドエンドも交換したほうがいいそうですがこれも欠品。
要するに修理はされず、ついでに頼んだオイルとエレメント交換だけ。
「三菱の看板背負ってて申し上げにくいのですが」
と気まずそうに告げられましたがそれは仕方のないこと。
それがディーラー対応の限界でしょう。
むしろ古い車なのにあちこち点検していただいただけでありがたいと思うべき。
さて、次なる問題は果たして部品調達できるかというところ。
posted by カミノ at 12:07| Comment(6) | スタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする