2014年10月26日

姐達がデルタでやってきた

どうも、焼肉屋で初音様と呼ばれたカミノです(笑。
う、嬉しくなんかないんだからね!w

某ぱお姐さんと私には共通の知人であるジアラ乗りの女性がおりまして、
正確には私の知り合いだった人がぱお姐と意気投合して友人になったワケなのですが
そのお二人が灯台&岬めぐりの旅で三重方面まで来られる事になりまして
近くまで行くから夕食付き合ってやんよ。どっか店探しとけオラ〜(あくまでイメージです
と脅・・いえお誘いいただいたものですから
さて、住んでるとはいえあまり詳しくもない土地でドコにお連れしようかと考える。
あ、そうだ、ぱお姐だったらあそこがいいかも。

そして当日。ホントに来ちゃったよしかもデルタ2台で。
お連れしたのは鈴鹿のみさき屋さん。
鈴鹿という土地柄、国際的に有名なドライバーやライダーが訪れたお店は数多く
みさき屋さんはその中でも有名なお店の一つ。
ただ、ここはそうでなくとも地元で人気の店でしてこの日もこの辺では珍しく並んで待つ人が。
とはいえ待合場所が私にとって目的みたいなものですけどね。

giapao1.jpg

セナをはじめとするドライバー、ライダー、野球選手に芸能人のサインがずらり。
個人的にはシュワンツやスペンサー、ガードナーも来たという事実に感動。
勿論焼肉もリーズナブルで美味かったしお店自体も良かったですよ。

giapao2.jpg

その後姉御達はデルタ2台で無事にツーリングを堪能して帰られましたとさ。
当日は色々とありがとうございました〜。機会があればまたいつでもお立ち寄りください。
posted by カミノ at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

意外な再会

どうも、さすがに半袖では寒いなぁとブルーになりかけのカミノです。

以前からデルタが欲しいと発言していたプント乗りのお嬢さん。
まだ若いのにナゼそうも苦労したがるのかねwと老婆心ながら聞いてましたが
どうも本気だったらしく、ついに念願のデルタオーナーになったらしい。
で、先日のうだ会でお披露目されてたんですが

edo_evo2.jpg

このエボ2、関東の某氏が所有していたもので
なんと私が静岡で開催したオフ会にも参加していたデルタなんですよねぇ。
いや〜どうりで見たことあるなと(いやワカラへんやろw。
少々磨き傷は増えてましたが相変わらずキレイな固体。
まぁこれから大事に乗ってあげてくださいって私が言うのもなんですが(笑。
さて私のほうもいよいよ念願叶えましょうかね・・・
posted by カミノ at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

デルタ部品も旅立ち・そういや忘れてた編

コンバンワ、この辺では一軒しかない某喫茶に行ってきたカミノです。

今年の初めにはわかってたことなんですけどすっかり忘れてました。
まだウチに残ってるデルタパーツの中でも特にジャマ・・・
じゃなくて嵩張る・・・ともかくデカイのがサイレンサー。
事情により売却枠から外れましたので
新たに購入希望を募らせていただきます。

delta_parts11.jpg

モノはPRESTOの中古です。
某オクで落札したはいいのですが、カミノ号のセンターパイプが純正ではなかったので
ポン付けできずにずっと保管状態になっております。
干渉をさけるために一箇所パイプに加工が施されていますが
希望される方がいらっしゃいましたらそこの部分の画像をお送りします。
希望価格:1.5諭吉
posted by カミノ at 01:33| Comment(8) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

たかがデルタ、されど・・・

今晩は。朝からローソン巡りしたせいでやたら眠いカミノです(苦笑。

同県民のshoさんが憧れのデルタを手に入れた反面
今年は私の知り合いだけでも
たらいさんと敏象さんがデルタを降りることとなったようです。
あの車を維持してきた者にとって
デルタに乗り続けることがどういうことか
わかりますよね。
勿論それはオーナーさんの事情に拠るところが大きいのですが。
私が言うのもなんですけどデルタを降りることは残念ではないです。
何故ならあの車と深く付き合ったことのある人とは
例え降りたとしても知り合いでい続けられる気がするからです。
それにきっと手放したデルタが新たなオーナーを生んでくれるでしょうから。
だから残念なのは貴重な動体を廃車にしてしまった私みたいな人なんですよね(笑。
posted by カミノ at 01:55| Comment(5) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

後継車決定

今晩は。イロイロな方がブログを見ていただいて嬉しいカミノです。

白いのの後継車を急遽決めなければならなくなったわけですが
これが乗りたい車なんて考えればいくらでもあるわけで(おいおい
実用性重視の弐号機といえどもそこそこ荷物と人が乗れて
実家の往復とか長距離もこなせて、多少の積雪も平気で
あとは故障率が低くて燃費が悪くなければいいわけです。
ただMTBが積めることが最低条件。ACも効いてくれないと困るな
って結構要求多いやないか。
で、まず浮かんだのがST185セリカ。
ん?実用車の観点じゃないって?
私が選ぶんですよ?ラリーベース車両という基準が最優先に決まっとるでしょうが(笑。
というわけでグループAのホモロゲ、GT-Four RCを第一候補としたのですが
さすがに20年前の車両でしかも世界限定5000台なので見つからない。
あ〜でも良く考えたらこの条件だとデルタのほうが厳しいんだけどな(笑。
しかもST185、ハズレだと結構壊れるらしい。
某オクで幸運にも白のRCが出品されましたが多走行で更にバクチ要素アップ。
今回白いのを入庫させたフォード信州さんでも中古車を探してくれるということで
この車両を探してもらってたんですが、選ぶ基準が高いとはいえやたら高価。
何でこんな値段になるかなぁ。正直イミフ
とてもじゃないけど買えないということで他の車両も探してもらう。
第2候補の某仏車だと予算内で1台アリ。
フォーカスやフィエスタも探してもらったのですが条件に合うのはナシ。
何故か次に提示してきたのが一言も触れてないプント。しかもアバルト2台。
当日私が着てたTシャツが奇遇にもアバルト(笑。まさかと思うけどそうなのか?
ランチアのTシャツだったら何出てきたかなとか思いつつしばし考えることに。

その後某駐車場でshoさんと待ち合わせ。

shodelta.jpg

ようやく念願かなって購入したEVO1で登場。
そういえば実物を見るのは初めてですね。
このデルタ、何が凄いってエンジンルーム内はほとんど純正。
かなり距離は走ってるのに見事なくらい車外品が見つからない(笑。
ある意味当たり車両かも。
この時の詳細はきっと彼のブログに書いてくれることでしょう(笑。
わざわざ取りにきていただいてありがとうございました。
なのにろくに時間も割けず申し訳なかったです。またお会いしましょう。

で、話は戻って後継車ですが、実は今日決めちゃいました。
イタリア、アメリカ(?)、ドイツときて今度はおフランスざんすよ。
posted by カミノ at 04:18| Comment(16) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

モンテカルロの旅立ち

気温は高くてもおそらくこの辺は大して暑いうちに入らないと思いますが慣れって怖いわ。
夜はともかく昼間は暑いと思い始めた今年。確かに太陽は近いけどな(笑。
恐ろしいことに学生の頃は扇風機なしで過ごした京都も今住んだら多分倒れるね(爆。

そんな全国的には暑い7月の土曜に純さんとお会いしました。
もとい、純さんが会いに来てくれました・・・
せ、正確にはホイールを引き取りに、遠く関西から来ていただきました(汗。
タダであげたのならともかく、買っていただいたのに取りに来させるなんて
よくよく考えれば失礼な話ですよねぇ。ホント申し訳ありません。
しかもわざわざ来ていただいたのに、あまり時間も割けず
おまけに奥さんとお子さんもいらっしゃったのに
炎天下の中での立ち話に付き合わせてしまいまして。
我ながら気が利かないなぁと、あとで一人反省しちゃいました。
しかし息子さんのアバルトの物真似(笑、可愛かった。
アレは盲点でしたね。今度ミントにもやらせよう(でけへんでけへん。
今度はアルファロメオをやらせてあげてください。
奥さんはクワトロ知ってるし、いいご家族ですね(視点が偏ってないか?
遠くから来ていただいてありがとうございました。
ところであの積み方であのあとのドライブは果たして問題なかったのか
とても気になっていたカミノでありました。
posted by カミノ at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

デルタ部品も旅立ち・貰って下さい編

事情によりまた随分と間が空いてしまいました。
またこういうときに限ってネタって溜まるのよね。

前回の「タダではちょっと編」ではおかげさまで
マフラー、ホイール、ファンレジスターのご予約をいただきました。
ありがとうございます。
ということで今回は「タダであげます、いや貰ってくださいお願いします」編です。
さすがに値が付かないか二束三文なものばかりですので
欲しいという方がいらっしゃいましたら
ご連絡いただけましたら差し上げます。

1.アイバッハスプリング+純正ショック(フロント・リア1台分)

delta_parts3.jpg

購入時に装着されていたサスです。
オイル漏れはないと思いますがどのくらい使用していたか不明です。
バンプラバーは使い物になりませんが車検時などに如何でしょうか。

2.フロントブレーキパッド

delta_parts6.jpg

色々とセットで落札した中にあった中古のブレーキパッドです。

3.純正シフトレバー(中央上)
4.多分リアショックあたりのプラ製部品(左下)
5.純正ボルト?(右下)
以上納車時に渡されたもの。

6.純正エアフィルター(上)
K&N清掃時の一時用として新品を購入して数回使用。

7.純正燃料ポンプ(中央)
交換したときに念のため取っておいたもの。

delta_parts2.jpg

気になった方はお問い合わせやご予約などのご連絡は
コメントや右下のメルアドをご利用ください。
マイミクの方はSNSのメッセージでも結構です。
posted by カミノ at 02:58| Comment(5) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

デルタ部品も旅立ち・タダではちょっと編

長野に戻ってまいりました。
折角なので都合がつけば土曜に銅ゲッコーさんを迎えに行こうと思ってます。

何故か一年以上も踏ん切りがつかなかったのですが
場所も取るのでそろそろデルタの部品などを処分しようと思います。
最近金銭面でかなり痛い目にあってしまったので
少しでも穴埋めするべくまずは現金に換えられそうなものから紹介します。
オクに出品しようと思ってるんですけど大きいものは梱包も発送も大変なので困ります。
お会いする機会があるか取りに来ていただける方に買っていただけると有難いな〜
という魂胆がミエミエの大変いやらしい記事となっております(笑。

1.PRESTOサイレンサー

delta_parts11.jpg

本来ならカミノ号に取り付けられていたであろう部品なのですが
センターパイプが純正ではなかったために保管されていた部品。中古を落札。

2.エボ2純正モンテ+ピレリDRAGON

delta_parts12.jpg

あのときのカミノ号はスタッドレスだったため自宅に残されていた。
当然ホイールは元々装着されていたもの。

3.クラッチレリーズシリンダー

delta_parts8.jpg

最後に買ったデルタ用の部品。新品を落札。

4.ロッキードのリアブレーキパッド

delta_parts7.jpg

交換用に買っていましたが結局使用せず。新品を落札。

5.ファンレジスター

delta_parts9.jpg

持っていない人はいないんじゃないかというデルタ乗り必須のストックパーツ。
デルタ部品のネットショップから新品を購入。


気になった方はコメントでも右下のメルアドでも構いませんので
お問い合わせなど大歓迎です。
posted by カミノ at 03:04| Comment(3) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

ティーポ5月号

ようやく白いののオイル交換を済ませることができましたが
それはまた次回ということで。

オイル交換後にようやく本屋に寄ることができました。
例のティーポを見たかったからですが

Tipo201105.jpg

デルタ乗りじゃないけどこれは買わなアカンでしょう(笑。
特集は「スポーツカーに乗ってみないか」ああ乗ってみたいさ。
久しぶりにこういう媒体に触れて気候も良くなってくると
意味もなくウズウズしてきますなぁ。
白いのは今年車検だし、夏タイヤもないし
WRCもフィエスタになったことだし
ここらで思い切って・・・・?
そういえばクワトロも持ってましたねワタシ(笑。
posted by カミノ at 00:26| Comment(11) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

乗り越えろ

気がつけば随分と間の空いた更新となってしまいました。
いや別に自粛してたわけじゃないです。忙しかっただけ。ネタもないし。
久々の更新は更に久々のデルタネタ。

デルタ乗りによる東日本大震災義援金プロジェクト〜GET OVER IT
詳しくはホームページでご確認ください。
http://www.martini5.com/

ところで私は募金とか寄付とかが好きではないんですよ。イキナリですけど。
自分のことは偽善者だと思ってますがそれでも偽善は鼻につくし
でもそんなことよりもいくら行動する者と支持する者が純粋な気持ちでも
金というものが絡むと横取りしようとする者が寄ってくるわけですね。
それにただ闇雲に金を与えれば人の役に立つかというとそうでもないわけで
実態を知らなければ事態を悪化させてる可能性もあるわけで
まあその他諸々の理由で私は人のために募金に協力したことはないし今後もしない。

でもこの運動はデルタだからとか知人がやってるとかはともかく
上から目線で恐縮ですが評価したいと思ったのは
1.提案した方が阪神淡路大震災の被災者でもあること
2.単にお金や支援物資を集めるのではなく、自分達でステッカーを製作して
 その売り上げを寄付するということ。
(大きな団体が単に金集めしてる中、これだけでもいいアイデアだと思う)
3.寄付するのが日本赤十字社であること
(赤十字と自治体以外の団体は信用できません)

ちなみにステッカーはこんなのです

goi.jpg

大きさの比較をしようと思ったのですが、丁度いいものが見つかりませんでした。
右のステッカーは全国オフのときのステッカーと同じ大きさです。
左のはCDくらいでしょうか。
あっこれは寄付したんじゃないですよ。知らずにデルタのステッカー買っただけ。
posted by カミノ at 01:20| Comment(23) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

で、いつ買うん?

lastlandscape.gif

いよいよ21日に車両を確認しに行きます。
決まれば報告しますが、そうなるとブログタイトルも変えないと。
私としては愛着があるのでできれば変えたくはないんですが。
ショップのあとは近くでデルタ乗りの方とお会いして
そのあとは横田基地フレンドシップデーを一人堪能する予定です。

これで車両が決まるとデルタから離れてしまうことになるので
その前に心境を綴っておこうと思います。

今だから言えることですが実はまだカミノ号に乗っていた頃のこと
何故か走行距離が少ないジアラにでも乗りたいと思ったことがあります。
何となく新しくて違う色のデルタに乗ってみたくなったのだと思います。
しかしカミノ号を売ったところでデルタが買えるはずもなく
そんな妄想も忘れかけた頃に事故で全損。口座には保険金。
ところがいざそうなってみると不思議と欲しくないのです。
その金額で修理が可能だったら間違いなく修理を依頼したでしょう。
デルタが買えるのに。修理しても元には戻らないのに。
それじゃまるで「猿の手」だ。
やっぱり残ってる願いはカミノ号を元に戻すのに使うんだろうな。
とにかく一度は想像し、実際買うことが可能になったにもかかわらず
他のデルタを買おうとはしませんでした。
これを言葉で言い表すのは難しいのですが
私にとってカミノ号はただのデルタじゃなくなっていたのだと思います。
不思議な事に以前乗っていた車と同じ車を見かけると懐かしさを覚えますが
デルタに対しては例えロッソで本国仕様のエボUだとしても
同じデルタと認識はしても以前乗っていた同じ車とは思えません。
失ってあらためて愛情の深さに気付いたと言ったら言いすぎですかね。
とにかくカミノ号がいなくなったことでできた色んな穴を
単純に他のデルタで埋めることはできないと悟りました。

もし仮にまたデルタを選んだとしたら、同じほどの愛情を
注ぐかはわかりませんが間違いなくずっと乗り続けるでしょう。
デルタはそれぐらい素晴らしい車でした。
ところが失ってみて気づかされるのですが
正直言うとデルタ以外にまだまだ乗りたい車はあるようだし
いつまで好きな車に乗っていられるかもわかりません。
だったら今のうちに気になる車は乗ったほうが後悔も少ないでしょう。
きっとそういう機会なんだろうと受け止めました。

こうしていくつかの候補のなかからひとつの車種を選びましたが
割とあっさりデルタを外したことには他にも理由があります。
また乗りたくなったらいつでも戻れる
そう確信しているからこそ他の車に躊躇なく乗れるんですよ。
記事タイトルの台詞を言われなくなるのは少し寂しいですけどね。
posted by カミノ at 02:23| Comment(8) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

終章・イワセにフォーカス

ブログ終了ではないです。念のため(笑。
既に半年以上経過した去年の東京巡りの残りをこの機会に書こうかと。
これを書くのにきっかけが必要なのは長いブランクだけではなく
事故によって中断されたものを再開することに戸惑いがあったからです。
実は記憶もかなり曖昧になってるからというのはナイショ。

新しい足フォーカスで向かう最初の場所であり、その日の最終目的地は
ようやく訪問することができたオートスポーツ・イワセさん。
ここもやはり東京に来たらどうしても訪れたかった場所の筆頭。
しかし、辿りついた店舗はなんだか様子が変。
休業日かと思いきや、しばらく待っているとローダー到着。

iwase1.jpg

・・・いきなり絶句。
さすがはイワセ。ドナドナされてくる車から違うわ(笑。
初対面の岩瀬さんとも会うことができました。
「昨日来ればバーベキューだったのにねぇ」
いえ、この光景が見れただけで十分です(笑。
事務所でパーツを眺めては、何か買うものなかったかと考えたり
カタログを頂いたり、看板猫に服の匂いを執拗に嗅がれたり(笑。
ぱぉ〜んさんのおかげで初訪問なのに厚かましくもゆっくり過ごし
帰り道まで教えていただいて閉店まで居座り続けました。
色々あったこの日で何が一番嬉しかったかというと、岩瀬さんに
乗ってきたフォーカスをついさっき幾らで買ってきたという話をすると
「そりゃあいい買い物したねえ、いいクルマだよ!」
と言っていただいたこと。
デルタで来たかったと思ってましたがコレはコレでよかったかも。

iwase2.jpg

当然店の前で記念撮影。
このあとはぱぉ〜んさんとも交差点で別れ、家までの初ドライブ。
随分経ってしまいましたがあらためてこの場でお礼を。
ぱぉ〜んさんあの日は一日案内していただいてありがとうございました。
posted by カミノ at 00:42| Comment(8) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

関東ツアー第2弾・後編

ロー○ンというカーナビ泣かせの集合場所に何とか辿り着く。
ナゼならまさかの全員デルタで集合のおかげで目立ったから(笑。
こんな暑い日によくそれで来てくれましたね。
ひょっとしてガマン大会ですか(笑。

hama3.jpg

青象使いさん、いらさん、エプロン姐さん、
それにこれから合流する予定のsakiさん
全部限定車でしかも同じじゃないって、なんかおかしくね?(笑。
青象使いさんはガマン大会には参加されないので帰られました。
エプロン姐さんといらさんとの移動に気付くも既に時遅し(ひぇ〜。

交通量に助けられて何とかついていくことができ、SAでsakiさんと合流。
お待たせしてすみません。

hama4.jpg

いらさんがブースト計が動かずパワーが出ないというので
こりゃホース外れたか?でもそこまでのパワーダウンではなさそう。
まあ次で直してもらえばいいか(笑、と最終目的地に移動。

移転後初、というより初めて訪問のRCエレファンテさん

hama5.jpg

エアコンのない店内や路上ではさすがに暑いので
エアコンレス・ダイエット中のMパパさんとファミレスに避難。
いらさんのDはエアコン切ったら戻ったそうです。
どんだけパワー食うエアコンですか(笑。
相変らずデルタ乗りが集まるだけで興味深い話は尽きず
あっという間に時間は過ぎてお開きとなり
途中まで同じルートのsakiさんと帰路に。
おかげでインターまでスムーズに移動できここでお別れ・・・
あれ?ここで分岐ちゃうん?え、え、ドコドコどこよ
(そのまま料金所通過)・・・コレって絶対逆向きやんな。
フワンフワンフンワ〜ン(記憶が蘇る音)
「・・・そのまま付いていって都心方向まで行ったりして(笑・・」
ハッ、ホンマにやってもうてる・・・
いや、黙っときゃバレへんか(後ついてるからバレてるワ)。

暑い日曜だというのに東京の端に出張ってきたおっさん相手に
皆さんわざわざお付き合いいただきありがとうございました。
おかげで非常に充実した一日となりました。
主力戦闘機がデルタ以外になっても懲りずにお相手してくださいね。
posted by カミノ at 01:24| Comment(4) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

関東ツアー第2弾・前編

そういや第1弾の記事が完結してなかった・・・そのうち書こう。
書くたびにタイトルが変わる関東ツアーに行ってきました。
まずはそもそもの目的である米空軍基地前にあるカーショップ。
さすがにこのへんはちょっとだけアメリカ〜ンな感じ。
実は某車種に強い日本で唯一といってもいい頼れるショップ。
購入先に選択肢がないというのはある意味楽ですね。
以前問い合わせたら一度来店して下さいというので
本気さをアピールする意味も込めて行くことにした次第。
日本では意外と情報がない車なので、話聞くだけでも興味深いです。
だからって説明する資料が洋書ってどんな車やネン。
当然すぐに見つかるわけもないですから
見つかったら連絡してもらうことになりました。
予想通り色とか年式とか注文できるような状況じゃなさそう(笑。
一応希望の白は日本では最も多い色らしいですが。
ここは一応東京なのですが、次からは神奈川。

Mansyoさんから連絡をいただいていたので、一路K崎へ。
ナビが案内放棄した地点で電話をすると丁度駅から移動中で
指定された近くのスーパーに行くと、一行も同時に到着。
・・・・・
お互い時間指定も待ち合わせもせず合流のタイムラグがゼロって・・・
ショップからたいした距離じゃないのにえっらい時間がかかったため
あまり時間もなく、他の方々が買出ししてる間に
Mansyoさんとスーパー前で立ち話。去年の全国オフ以来ですね。

hama1.jpg

これからウチ飲みだそうです。参加できないのが残念。

その次は近くのファミレスで友人と待ち合わせ。
実は高校時代からの親友がこの近所に住んでるんです。
お互いエエおっさんになってもバカ話に花を咲かせだすと
あいも変わらぬノリになれるのは本当に不思議。
あっという間に2時間が経過。

hama2.jpg

しかし同じような格好やのう(笑。車も家族向けになったね。
結局川崎方面での当初の目標ストリートライフに寄る時間もなくなり
待ち合わせ場所のローソンに向かいます。
(今回引っ張るつもりはなかったんですが挫けたのでつづく)
posted by カミノ at 01:40| Comment(5) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

ラリーフォトグラフス

SNS連動記事です。
表紙がストラトスで中身にデルタとスポーツクワトロも載ってる
CAR MAGAZINEが非常に気になったのですが購入は見送りました。
いまだあの時代のラリーカーが取り上げられるのを見ると嬉しいものです。

book1.jpg

RALLY PHOTOGRAPHS WRC 1973-2009
代わりにという訳でもないですが購入した以前から気になってた本です。
ちょっと高かったのですがどこにも置いてないので思い切って注文しました。

book2.jpg

フォトグラフスというだけあっていい写真が多いのですが
一枚一枚が大きいので掲載枚数が少なく
しかもページ数も少ないのに文章は原文まで記載しているので
1973から2008までのリザルト付きとはいえボリューム的に物足りません。
やはり本は中身を確認して買いたいものです。
期待していただけに少々残念でした。
たまたま見つけた本も一緒に注文しましたがそっちは良かったです。
それに関してはSNSで書きます。
posted by カミノ at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

犬とデルタ

フォーカスはフォーカスなりに国産ファミリーカーよりはマシですが
やはり実用車の域は出ないというのが現実。
ということでそろそろ趣味車が欲しくなってきた頃ではあります。

車というものを移動や運搬の道具としか考えていない方には
この趣味車というものはなかなか理解されないものです。
どんなものでもそれを趣味として捕らえるとなると
さほど興味のない人には理解しがたいものがありますが車も同じですね。
わざわざ古い車や変わった車を割高な代金で入手し
(とはいえ、国産の新車も結構なプライスタグが付いてますが)
大事に保管したり暇さえあれば手入れやメンテナンスに勤しむ。
大して走らせるわけでもないのにあちこち不具合があったりして
それでも手放さず、しかも普段使用するのは別の車。
正直言うと私も若い頃はエンスーとやらを理解できかったし
なかば僻み根性で金持ちの道楽と決め付けていた頃もありました。
しかしデルタを所有するに至り、愛情と費やす時間さえあれば
ある程度のことはなんとかなるものだと実感しました。
勿論それは容易ではないかもしれませんが
対価を考えれば当たり前だし、それに値するものがきっとあります。

例えば犬を飼いたいと思ったとします。
所有するのは簡単かもしれませんが大変なのはそれからですね。
住むところの用意から毎日の給餌、散歩に躾、外出や留守番のとき
近所や他人に気を配ったり病気になったときなど、一筋縄ではいきません。
犬に見返りなど求める人なんて誰もいないけれど
それでもその犬は得られなかった多くのものを与えてくれるはず。
世話が面倒なら犬を飼うべきではない。AIBOでも買ってくればいい。
子供の遊び相手とか番犬とか、そういう理由でも別に構わない。
ただ、どうしても、それ以上の相棒・家族としての犬が飼いたくて
毎日の世話も苦にならない人なら、その人は犬を飼うべきだ。

デルタという車にどうしても乗りたかった。
ただの道具としてではなく「相棒」としての車に乗りたかった。
だから例え入手に時間がかかっても我慢できたし
手入れやメンテナンスも思っていたよりも気にならなかった。

犬が飼いたい。AIBOなんかでは到底満足できそうもないから。
posted by カミノ at 03:17| Comment(11) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

「デルタの名前は」「カミノ号であります!サー!」

DELTAEXF14.jpg

これぞ我がデルタ。
世にデルタ数多くあれど、これは唯一我のもの。

我がデルタこそ我が親友。我が命。
我は我が命を支配するが如くそれを支配する。

我がデルタは我無くして意味は無し。
デルタに乗らぬ我もまた無益なり。

我がデルタは我と同じ人間なり。何故ならそれは我が命である。
我は兄弟としてそれを学ぶであろう。
我は、その弱さ、その強さ、その部品、その付属品、
その計器、そしてエンジンを学ぶであろう。
我は我が脚、我が腕、我が目、そして我が心臓が傷つかぬよう守るが如く
天候と損害による破壊から我がデルタを保護するであろう。
我は我がデルタを清潔にし、いつでも動ける状態に保つであろう。
我々は一体になるであろう。
posted by カミノ at 01:07| Comment(13) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

果たせなかった4周年

DELTAEXF13.jpg

残念ながら4周年を迎えることはできなかったけど
4年前の今日、ようやく一緒に帰ることができたこと
今でもはっきりと憶えている。
その前に何度も乗っていたし、それまで待ち過ぎて
感動の初ドライブ、といった風情ではなかったけれど
家路につく短い道のりの中、どんな思いでステアリングを握っていたか
今でも思い出すことができる。
確かに感動はなかった。叫びたいほど嬉しいわけでもなかった。
ようやく憧れのデルタとの生活が始まる。
それは単に安堵だけではなく、感慨や不安や未知なる期待といった
様々な感情を呼び覚ますには十分な出来事だったからなんだろう。

ところでオフィシャルサイトで発表されていましたが
デルタカップ今年の開幕戦は去年に引き続き「伊那」だそうです。
今年からは近場となりましたので何とか休みを取って行きたいところ。
だったらついでに長野オフも開催してしまおうかとか
ついつい考えてしまいます。
あれ以来行ってませんが伊那は私にとって最初のオフ会の地ですからね。

縁起でもないと言われそうですが50日ほど喪中的な期間を設け
禁酒とかネット上での「(笑」の自主規制とか勝手にやってました。
その中には中古車を見ることも含まれていたんですがこれは辛かった。
次の車を探そうとはまだ思えないんですが
ネットで車を検索したり、中古車価格を調べたりするのは
デルタがいても、買う気がなくてもついやってしまうからなんです。
そうはいってもそのうちに次の車を探すことになるんでしょうね・・・
posted by カミノ at 01:59| Comment(4) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

多摩→横浜→石川→京都

massho.jpg

カミノ号の抹消登録が完了したようで
今度は京都ナンバーとなったようです。
この後どうなるのかはわかりませんが
聞きたくないような末路が待ってるのでしょう。
せめて他のデルタ達のために役立てたかった。
posted by カミノ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

第3回訪問者アンケート

ついさっきコメントの返信を書いていて思い付いた事を記事にします。
題して「何か聞きたいことないですか?」
基本はデルタに関することですけど、特に何でもOKです。
ただし、私に答えられることなどタカが知れてるということは
訪問してくださってる皆さんのほうがよくご存知だと思いますので
質問によってはちゃんと答えられない可能性もあります。
答えられないことに関しては次回以降の記事で回答を募集することにします。
聞いてみたいことがある方、この機会にコメント欄に質問をお寄せください。
同じくコメント欄にて返答いたします。
お名前の欄は空白でも結構です。
堅苦しい質疑応答ではないですから
真面目な質問から素朴なギモンまで何でもお待ちしてます。
個人的なことに関しては答えられる範囲で回答します。

あれから既に一ヶ月以上経過しましたが
デルタに触れることも、デルタの情報を収集することもない日が続き
そのうちにデルタ乗りやデルタ購入希望者にとって
役立つ記事が書けなくなってくるかもしれませんので
今のうちにできることは色々とやっておこうと思います。
posted by カミノ at 00:56| Comment(37) | TrackBack(0) | デルタ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする