2019年04月10日

白物家電の隣はイヤ

どうも、漸く春らしくなってきて嬉しいカミノです。
昨日今日は寒いんですけどね。

ちょっと信じられない光景を出勤前に見てしまった。
駐車場の隣の車、後席ドアを開けてゴソゴソやってるのだが
ドア当たってないか?
近寄ってよく見てもやはりスタリオンに接触してるやん。
「ドア当たってるんですけど」
さすがに注意した。
「あーすみませ〜ん」
そのおばちゃん(私よりは年下だろうけど)の口調は
どう聞いてもそれほど悪いとは思ってないようだ。
以前日本の多くのドライバーは車に対する拘りがないので
経済的で便利な道具であればそれでいいと思っていて
その人たちにとって車は洗濯機や冷蔵庫など白物家電と同じような感覚。
という記事を目にしたことがあって、なるほどと感心したものですが
冷蔵庫同士がぶつかることにそれほど罪悪感はないのかも。
そんな感覚が全く理解できない私ら車好きには恐ろしいことですけど。
だって車の横に冷蔵庫置かれたらイヤでしょw
あー早く引っ越して〜(笑。
posted by カミノ at 14:59| Comment(18) | 自動車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

冬の靴下

どうも、引越しが近づいてイロイロと慌しいカミノです。

というワケで、つなぎの手抜き記事です(笑。
実用車がスタリオンだけになってしまったときに困ったのが雪対策。
スタッドレス以前にホイールの調達が大変だなと。
GSR-VRの純正ホイールは探してるんですが簡単には出てこないし
スタッドレスのためだけに新品ホイールを調達するのも避けたいので
緊急用のモノを用意することにしたのが去年のこと。

autosock.jpg
効きが良さそうなのと装着が簡単そうなのでオートソックを選んでみました。
何故今頃書いてるのかといいますとですね
使用した後でインプレ記事を書くつもりだったんですよ。
ところが今年は暖冬だったものでこのあたりで雪が降った日がたった一日だけ。
しかも大して積もらなかったのでそのまま帰り、結局未開封のまま今に至る(笑。
スタッドレスを用意しなくて本当によかったとは思いますが
コレも前後で2セット購入したんだよね・・・
多分もう使わないだろうな(涙。
posted by カミノ at 17:23| Comment(4) | スタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

モースポフェス2019

どうも、また3台体制に戻りそうなカミノです(笑。

というワケで、引越し準備真っ最中というかそれしかしてない気がしますが
これだけは、これだけは行かせてくだせぇ・・・
と今年も行って来ました鈴鹿サーキットのモータースポーツファン感謝デー。
今年からトヨタも協力しての開催となったようで。
それでは画像中心でレポートします。

私が到着したのはGTのフリー走行中でしたが、早速物販に向かいまして
レーシングミクなどのグッズを物色し始めたので観てません(笑。
続いては「新・永遠のライバル対決」。
中嶋VS星野が去年で完結しましたので今年からは
本山VS脇阪VS道上だそうですが、席を探してるうちにほぼ終了。
土曜の午前中だというのに今年はやたら人が多くないですか。
そして「鈴鹿8耐プレシーズンマッチ」。
相変わらず二輪の撮影は難しい(言い訳w

mospo2019_4.jpg
画像中心といいつつこのSUPER GTまで画像なしでしたが
やはりお目当てのGSRは場所を移動して撮影に集中。
ピットウォークは申し込まないといけないのでスルーして
GPスクエアでハングオンしたり、大画面でラリー体験したり。

mospo2019_5.jpg
鈴鹿でラリーカーの展示というのは違和感ありますね。
再びスタンドに戻ったところで始まったSUZUKAセレモニーでしたが
GTやF-1、スーパーフォーミュラにWECやインディはおろか
ラリーカーと二輪までが一緒に走行するという滅多に見られない光景で
期待してなかっただけに面白かった。
そしてそのCBRとヤリスに乗っていたのが実はホンダとトヨタの社長だった
というサプライズ。モリゾーさんはいつものことですが、
八郷社長がレース用のマシンを操っててびっくり。

mospo2019_6.jpg
「耐久世界王者」では去年のル・マンを制した二輪・四輪のマシンが。
恥ずかしながら初めて知ったのですが、ル・マンて二輪もあったのね。
「SUBARU STI WR」ではGT300、ニュル24H優勝車、
そして98年のインプレッサと3台のスバルがデモ走行。
インプだけ最後に残り、回り始める新井さん。
新城では見たことありますが鈴鹿だと違和感ありまくり。
そしてその後の「ヤリスWRCデモンストレーション」でマキネンも回る。

mospo2019_7.jpg
これまた新城(以下略w

mospo2019_8.jpg
そして何気に置かれたジャンプ台で華麗にジャンプ・・・
なのですが、さすがラリーカー、びっくりするくらい普通に着地(笑。
二台がタイヤ削りまくったので掃除が始まりました(笑。
GPスクエアにて引き続きマキネンがデモ走行するというので慌しく移動。
いきなり86が登場したのであれ?っと思ったらまたモリゾーさん(笑。

mospo2019_9.jpg
ここでも白煙上げて回りまくるマキネン代表ですが

mospo2019_10.jpg
やり過ぎたのかまさかのバースト(笑。
後輪ガタガタいわせながら退場していきました(爆。
やはり佐藤琢磨だけは見なければとまたしてもスタンドに戻ります。

mospo2019_11.jpg
「INDY500 WINNER」ではインディで優勝したままのエンジンでデモ走行。
インディアナポリスと異なり右コーナーが多い東コースなので
さすがにサスは換えたそうですが

mospo2019_12.jpg
二台のラリーカーに触発されてかインディカーで回り始める(笑。
8耐X10Hのトワイライトマッチまでいたかったのですが、残念ながら途中退場。
今年はトヨタの参加で色々なマシンが見られたので楽しかったです。
やはりこのイベントは無理やりでも行く価値アリだ。
posted by カミノ at 22:36| Comment(4) | イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

幻のグループB

どうも、引越し準備をしていてイロイロとダブりを発見し凹んでるカミノです(笑。
何で同じ商品2つあるかなぁ(爆。

という訳で、そんな仕事と引越し準備な毎日の隙間を縫って参加した今月のうだ会。
きどっちさんから某三菱のショールームにあの車両が展示されているとの情報が。
翌日念のために電話で確認したところ、まだ展示中だということで急ぎ出発。

starion4wd1.jpg
岡崎工場に展示されていたスタリオン4WDラリー。
いつかは岡崎工場へ見に行こうと思っていた車両。
あそこのギャラリーは平日しか見学できないのでなかなか機会はなかったのですが
まさか営業所で展示されているとは。
しかも隅のほうとはいえちゃんと展示してあるのに誰一人見ようともしないという(涙。
おかげでひとりかぶりつきでシャッター切ってましたが(笑。

starion4wd4.jpg
最も大きな違いのヘッドライト。

starion4wd2.jpg
こちらも特徴的なリアのオイルクーラー

starion4wd3.jpg
照明のせいで中が見え辛かったのは残念。

starion4wd5.jpg
平日しか見れないんで嬉しいですと言うと
営業の方から岡崎工場の感謝祭があるので行ってみてくださいと。それは是非行きたい。
わざわざこのために隣県まで行って見学したらすぐ帰路に。
だって引越し準備しなきゃならんし(泣。
posted by カミノ at 21:06| Comment(4) | スタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

天使を待つ夜

どうも、某声優のチケットがとれなくて凹んだカミノです(笑。

仕事から帰る車中は心踊るものだ。
ましてやそれが金曜ともなれば尚更である。
たとえ向かう先がゲオであったとしても(笑。
今夜も残業を終えてそんな楽しみなドライブのはずであった。
であった、というのはどうも今朝からスタリオンの調子が悪く、帰りも同じようであったからだ。
ついに本格的な修理を依頼するときが来たかと日曜の予定変更で気が重くなっていたところ
ノッキングのような症状はますます酷くなり、ついにはエンジンが停止してしまった。
一度は復活したものの二度目の停止後はどうにもならず、困り果ててしまった。
というのも運悪くバイパス道の登りで停まったものだから避ける場所もなく
人力で押すのもセルだけで超えるのも上り坂なので不可能。
そうこうしてるうちに後ろは混雑し始める。
仕方ないのでハザードをオンにして説明するため後ろの車に向かう。
非常に難しい道なのに苦笑しながらUターンしてくれた。後続も仕方なくそれに従う。
ややこしい人がいなくてよかったと安堵する瞬間である。
とはいえ事態は全く好転していない。
途方にくれてると距離を開けて停めたトラックからドライバーが降りてきた。
「このまま停車するから車下げてそこに停めよう」
左後方には下からの合流があるので動かすまで道を塞いでくれるらしい。
さすがは運転のプロである。こういうときに機転が利く。これは本当に助かった。
後方確認まで手伝ってくれて無事に道が開く。退避させてくれたことに礼を言って別れる。
ここでようやくJAFに救援を要請だ。これまた有難い道路のプロである。
実は一つ気になっていたことがある。
症状から燃料系、おそらく燃ポンが原因ではないかと想像していたが
ひょっとするとアレかもしれないので一応伝える。
寒い夜の車内で待つのは辛いものだが助けが来るという安心感は心強い。

starion7.jpg
そして待ちわびた積載車の到着。
中年男性なのに天使に見える瞬間である(笑。
「珍しいのに乗ってるねぇ」
毎日他人の車を救出していてもやはりスタリオンは珍しいようだ。
そしてまずは気になってた可能性から試してみると、見事に始動!
おかげで無事に帰宅もできる。日曜の急用もなくなった。
ようやくいつもの心躍る金曜の夜である。
で、結局何が原因だったかって?
察しのいい方はお気づきでしょう。恥ずかしいことにガス欠である(笑。
燃料計は修理しようと月に誓った夜であった。
posted by カミノ at 02:21| Comment(6) | スタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする